2019年度 理事会での委員会体制が決まりました

2019/09/18

第2回理事会にて2019年度の各委員会理事体制を決定いたしました。すべての委員会が、事業運営、教育、広報、健康づくり、まちづくりに関わる大切な委員会となっております。各委員会が起点となって事業と地域活動を発展的に広げていきます。そして、理事が中心となって、地域と法人をつなげ、職場と法人をつなげることで委員会の活動をより活発なものとしていきます。
6月に行われた総代会では、健康で健全な組織とまちをつくりあげていくことを2019年度の運営方針といたしました。これを着実に形にしていくため、委員会はそれぞれの役割をはたすことで事業改革、活動運営を行ってまいります。そして、そのための指針とすべく、地域組合員の「夢」や「困った」をぜひ各委員会へお寄せください。

各委員会の役割
◇三役会議
法人全体の方針について検討を行います。
◇病棟運営委員会
病棟を含む法人運営について分析と改善のための検討・実施します。
◇組織組合員活動委員会
地域活動の方針・内容について検討・実施します。
◇健康づくり委員会
健康づくり活動について検討・実施します。
健康チェック・健康講座・歌声喫茶の運営を行います。
◇まちづくり委員会
まちづくりの方針について検討を行います。
法人として社会保障・子どもの貧困問題等への対応を検討・実施します。
◇教育委員会(クレド委員会)
法人内の教育活動、法人理念の普及活動を検討・実施します。
◇法人全体利用委員会
地域組合員とともに各事業所の運営について検討します。
◇広報委員会(機関紙編集)
機関誌の編集や広報活動について検討・実施します。