禁煙の治療は条件を満たせば健康保険が適用

2018/06/06

「梶原診療所」「ふれあいファミリークリニック」で予約ができます

 禁煙が続かないのは、意思が弱いからでも、根性が足りないからでもありません。たばこには「ニコチン」が含まれていて、麻薬や覚せい剤のように「薬物依存性」になってしまうからです。
 禁煙の治療に健康保険適用されています。これは喫煙が習慣や嗜好と考えるのではなく、「ニコチン依存症」という病気としてとらえ、必要な治療を行なうという考え方です。
「梶原診療所」「ふれあいファミリークリニック」は、厚生労働省の承認を受けて、禁煙外来を行っています。このことにより、適切な指導の元で健康保険適用になります。一定の条件を満たした喫煙者なら、どなたでも受けることができます。

健康保険による禁煙治療に必要な4条件について
 保険給付の対象は次の条件を満たす「ニコチン依存症」の患者です。
①直ちに禁煙しようと考えていること。
②ニコチン依存症の診断テスト(TDS)の結果が5点以上であること。
③1日平均喫煙本数×喫煙年数が200以上であること。
④禁煙治療を受ける事を文書により同意していること、の4つの条件にすべて該当した患者です。

治療内容・費用について
 禁煙治療は資料を使ってのお話しと貼り薬による薬物療法(ニコチンパッチ)からなります。厚生労働省通達の手順書に沿って行い、約3ヶ月間で計5回受診していただきます。内容は、①診察、②呼気一酸化炭素濃度の測定、③禁煙実行・継続のアドバイス、④ニコチン製剤の処方等です。費用は、健康保険適用で1万3千円が目安になります。

禁煙外来の予約について
 禁煙外来の詳細につきましては、下記の診療所にお問い合わせ下さい。
梶原診療所 03-3911-5171
ふれあいファミリークリニック 03-6908-4330