月1回 商店街コミュニティスペースでサロンを開催

2018/07/11

 6月14日(木)13時30分から熊野前商店街中程にあるコミュニティスペース『熊まねき堂』でコープの仲間・あらかわ主催「荒川コープカフェ」の〝荒川ご当地体操〞が開かれました。
 荒川区にはころばん体操(18分―転ばない・介護予防)をはじめ、セラバン体操(14分―セラバンドを使用)、ばん座位体操(7分―障害者・車椅子利用者・椅子に座った体操)、あらみん体操(5分―小学生から高齢者まで、皆で体操)、最近では脳トレ体操(5分―認知症予防)など山田先生(首都大学教授、理学療法士)が荒川区からの要請を受け、考案された体操があります。
 特にころばん体操は区民に大評判で幅広く行われ、首都大学体育館でも毎週火・木曜10時から開催。継続する事で健康を維持し、元気に生活が出来るとの評です。区民の皆さんに広めるリーダー育成も行われています。
 「荒川コープカフェ」は荒川区の生協のなかまが地域の方とお茶を飲みながらおしゃべりをしたり、手芸したり、みんなが気楽に、無理なく、楽しく集う場です。毎月第2木曜日13時30分〜15時00分『熊まねき堂』で開いております。
 参加費無料、お一人でもお友達とでも是非ご参加ください!

(担当理事 遠藤)