在宅の窓vol. 88

2017/09/06

『地域の中で、自分らしく…』

高齢者の運転・交通事故に関する報道が、昨年より、目立つようになりました。
一方で、近年、自分自身で、運転継続の危険性や不安を認識し、免許証の「自主返納」をされる高齢者が増加しています。この場合、代わりに「運転経歴証明書」をもらう事で、地域の商店 などで様々な特典を受けることが可能となります。
 無理をして運転を続けた結果、事故に至ってしまう事がある一方で、特典を受けて新たな楽しみを見つけ地域で生活されている方がおられます。
 高齢になった時、運転の問題に関わらず、自身の体の状態を把握すること、またそれを踏まえて、自分にとって地域の中でいきいきと暮らしていく為には、どの様な形が良いのかを考えたり、周りの方と話をすることが、大事であると考えます。

(梶原診療所ソーシャルワーカー 小山)