各支部・委員会よりの新年の挨拶①

2018/01/03

●堀船1丁目支部
堀船1丁目支部が結成され、今年1月で5年6ヶ月を数えます。この間、組合員の皆さんの協力を得て、機関誌配布担当者を増やし、郵送による配布を無くしてきました。学習会を年2回開催するなど支部活動の充実も図っています。最近では、支部運営委員会終了後、「いのちの章典」の読み合せを行っています。その後はトークの場。様々な発言が飛び交い、脇道にそれることも。また、月1回の増資訪問活動も引き続き行う予定です。

 

●堀船2丁目支部
あけましておめでとうございます。
毎年抱負を考えますが、役員が元気で行動ができればよいと思います。
昨年サロンとして写経をいたしました。今年も引き続き写経を致します。
他の支部と交流をしたいと思っております。

 

●梶原支部
役員同士、知恵を出し合いながら活動を進め、他支部の取り組みも参考にしながら一年頑張りたいと思います。

 

●梶原診療所利用委員会
梶原診療所利用委員会では、地域組合員・職員組合員の参加と協同を大切に「かかりやすい診療所づくり」を目指して活動しています。診療所にある虹の声ボックスに投稿された虹の声や、地域の声は、診療所運営に活用します。外来ボランティアの活動は、各支部・委員会より参加して頂き、来所される患者さんを支える、診療所にとって大変頼りになる存在として定着しています。『あなたの声が改善に!』今後も是非、診療所に関するご意見をお聞かせ下さい。

 

●梶原健康づくり委員会
私たち、健康づくり委員会では地域まるごと健康づくりのために「青空健康チェック、健康チャレンジ、健康まつりでの健康チェック等」を主催しています。また、保健講座では診療所の先生、看護師など専門職員の講義をうけ、自分の健康・家族の健康・地域の健康を発信しています。
年1回の味噌づくり、子育て教室、そして年2回の二酸化窒素、放射線量の測定等の活動を行っております。
皆様のご参加をお待ちしております。

 

●宮の前診療所利用委員会
宮の前診療所利用委員会です。毎月1回、委員長含む5名のメンバーと職員2名で会議を開催しています。虹の箱、虹の声に対する協議、院内ボランティア活動の日程調整、院内ボランティア意見交換会、学習会などの企画、実施、医福連患者満足度アンケートなどの活動を行っています。虹の声がなかなか集まらないので、新年度は、積極的に組合員さんの声をあつめ、診療所の改善につなげられるよう努めていきたいです。

 

●宮の前健康づくり委員会
宮の前健康づくり委員会では年に数回、食廃油を利用して石鹸を作っています。毎回試行錯誤し、みんなで意見を出しながら納得のいく石鹸づくりを進めています。また、青空健康チェックなどで地域の皆さんとふれあう機会を増やし、健康づくりの活動を行っていきたいと思います。

 

●西尾久1・2・3丁目支部
あけましておめでとうございます。新年度には、運営委員の増員、特に男性運営委員の増員に力を入れ、委員同士のコミュニケーションを大切に活動していきたいと思います。配布者懇談会を年2回行い、配布協力者さんとも意見交換をし、支部活動に活かしていきたいと思います。

 

●西尾久4・5・6丁目支部
昨年度からはじめた誕生日訪問等を継続し、支部組合員、機関紙配布者、役員、職員の顔のみえる関係、ご縁を大切に人と人とのつながりを広め、深めていければと思います。