各支部・委員会などで 年間活動振り返り活発な論議を

2017/03/01
3月は2016年度の年度末を迎えます。当生協の場合、実質的には6月の総代会が節目となりますが、その総代会に向けて一年間の活動の振り返りと新しい年度の方針づくりが進められることになります。当生協を形作る支部や委員会などの各組織には、それぞれ活動の振り返りと新しい方針作りが求められます。  現在、各支部や委員会では、それぞれ定例総会の日程を決めることも含め、議案づくりなどの準備が始まっていますが、2016年度の活動の成果や積み残した課題などを率直に出し合い、新年度に結びつけることが求められています。  現在の中期計画の「みらい5カ年計画」は2013年度に策定されました。2017年度はこの計画の最終年度であり、次期の「5カ年計画」策定も控えています。  各支部・委員会を含め生協全体でしっかりとした活動の振り返りが、新しい「中期計画」に活かされていくことは必至です。各支部・委員会などでは、この視点に立って活発な論議が期待されています。