医療福祉生協連「健康づくり学会」4名が参加

2018/04/18

 3月5日・6日の両日、埼玉県大宮で日本医療福祉生活協同組合連合会の11回「健康づくり学会」が開催され、私たち4名が参加しました“みんなつながれ、こころもからだも健康に”のスローガンのもと、63生協、スタッフを含めると440名の参加となりました。
 “健康長寿延伸のために、口の健康づくりで楽しいオーラルフレイル予防”と題した基調講演がありました。
 健康寿命を延ばすには、口の健康、社会参加。ロコモシンドロームの予防がいかに大切かを改めて学ぶことが出来ました。
また、9つの分科会による110の演題発表がありました。
 2日目は、① 塩と上手な付き合い方 ② みんなに役立つ腰痛予防 ③ 食べる力の講演会がありました。腰痛の話を働く人にとっても、介護看護を受ける人にとっても、安全快適な状態を造る事が大切と思いました。
 4年後の再開を確認し閉会となりました。

(組合員活動担当理事 石母田)