健康診断を受診し病気の早期発見と早期治療を

2018/06/20

年1回は健康診断を受けましょう!

 毎年、この時期になりますと、自治体健診が、スタートします。
 この健診は、生活習慣病健診と言って、日本人死亡原因の第2位、第4位の心臓病、脳血管障害の原因となる糖尿病、脂質代謝異常、高血圧などの生活習慣病を早期に発見し、予防・治療に結び付けることを目的で実施されます。
 受診率は各区とも40%台と低く、どの自治体も、その受診率アップに苦戦しているのが現状です。
 未受診者の中には、「定期的に医療機関に通院中なので、健診を受けない」と言う方がいますが、定期通院の場合でも、通院している疾患の事に関しては、経過を追っていますが、それ以外の疾患は、意外と調べていないことがあります。そのために、この健診を受け、全身チェックをしましょう。
 健診の内容は、胸部レントゲン、心電図、検尿・採血、身体測定、血圧測定を含む医師による診察です。

自治体「特定健診」の予約はお早めに!
 自治体「特定健診」の受診票が送付される時期になりました。実施期間や内容などは自治体ごとに異なります。詳細につきましては、各自治体の広報誌やお住まいの区役所にご確認ください。
 いつまでも元気に過ごすために、年1回は健康診断を受けましょう。