キッズメディカルvol.66「アトピー性 皮膚炎とは」その1

2018/02/21

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーや皮膚のバリアーの機能低下により引き起こされる皮膚の炎症を伴う疾患です。良くなったり悪くなったりしながら慢性に続きます。出生後間もなく頭部から顔面に出来て、6か月ぐらいには良くなる乳児湿疹とは違います。

「アトピー性皮膚炎」の特徴は、次のようです。
1. 乾燥性湿疹の既往あり 
2. 頭や顔以外にも湿疹ができ、乾燥した湿疹、ジュクジュクした湿疹、掻いた傷のある湿疹など様々 
3. アトピー性皮膚炎と診断された乳幼児は食物アレルギーを合併する場合もある。
4. 遺伝的で、家族にアトピー性皮膚炎になった人がいるなど

基本的には2歳くらいで治癒しますが大人になってもアトピー性湿疹が続く場合もあります。