キッズメディカル vol.64

2017/09/27

「パレコウイルス感染症知ってます?」

最近、ヒトパレコウイルス感染症の入院症例が増加しています。本ウイルスは、比較的軽度の胃腸炎や上気道炎の原因となることが知られています。学童期の抗体保有率は、80%を超えるという報告があります。その一方で、生後3ヵ月未満の乳児の場合重症化することが知られています。発熱、不機嫌、哺乳不良、重症化すると敗血症や髄膜炎も起こします。時々流行が報告されており、感染予防が必要です。生後3ヵ月未満の乳児のいる家庭では、感冒様症状のある家人のマスク着用とエンテロウイルス対策と同様の手洗いを中心とした衛生行動の徹底が必要です。