「高齢者見守り活動に関する協定書」ならびに「ながら見守り活動に関する協定 書」を取り交わしました。

2016/06/17

 1606016

531日当生協は、荒川区と「見守り協定」を締結いたしました。

協定の内容は、高齢者の生活異変を察知したときに、区に通報する「高齢者見守り活動に関する協定」と、主に防犯を目的とした「ながら見守り活動に関する協定」の2種類になっており、荒川区内で事業活動を行う6つの生協とセブンイレブン・ジャパンなどの3つの民間事業者が、同時に協定を結びました。

現在、荒川区内の地域生協と医療生協の組合員世帯数は約3割に達しています。

地域生協の行う見守り活動は、毎週同じ曜日、同じ時間に、同じ担当者が配達する「宅配」や毎日のように配達する「夕食宅配」のなかで行われ、医療生協では主には機関紙の手配り配布やお誕生月訪問などをしながらの取り組みとなります。

P1210490

今回の協定締結は、荒川区内で生協に加入する組合員数の多さと生協が掲げる「誰もが安心して暮らし続けられるまちづくり」に日頃から取り組んでいる支部、組合員みなさんの活動が評価されたものです。これを契機に、地域の見守りを通じた対応をはじめ、急速にすすむ高齢化や認知症への対応、生活支援・介護予防、そして子育て支援など地域の諸課題とこれまで以上に向き合い、組合員の皆さんとともに安心して暮らし続けられる地域づくりに、積極的に取り組んでいきたいと思います。(組織責任者 目々澤)