「東京ホームタウンプロジェクト」終了報告

2018/06/27

 東京ふれあい医療生協は創立から約50年間、地域と向き合い活動を行ってきましたが、活動を担ってきた組合員が高齢化しており、若い世代へ広がりをつくる事が大きな課題となっています。その課題解決のヒントを得るため、2017年10月より東京都福祉保健局「東京ホームタウンプロジェクト」の協力を得て、ボランティアの方々と半年間に渡り調査を行い二つの仮説を立てました。
 仮説の反省を踏まえながら。2018年「健康づくり講座」を企画し、親しみやすい内容に変更、ポスター掲示の工夫・年代別に郵送で案内したところ、前年度の約3倍の参加につながることが出来ました。
 「東京ホームタウンプロジェクト」を通じて気付かされることが沢山あり、有意義な半年間でした。今後も組合員の皆さんと協力し、課題・問題を少しずつ解決できればと思っています。ご協力ありがとうございました。

(組織部 一石)